2018年1月18日木曜日

サンタさんが真のクリスマス・プレゼントを持ってきてくれたのかも、という話

サンタさんから届いたキャラクターTシャツに大喜びしていたなおだけれど、実はクリスマス前、欲しがっていたものがあった。

それは、ポケモンGoのミュウツー。

完璧な(個体値が最高の)ミュウツーが6体欲しい!これがなおの希望だった。

いや、そんなのが突然自分のアカウントに加わってたら、チートだから(笑)

当然のごとく、サンタさんにはスルーされ、クリスマス当日にもどこからともなくミュウツーが突然現れる、ということはなかった。

が、先日、EXレイドへの招待状に当選。わからない人には何を言っているかさっぱりとわからないと思うが、説明が面倒くさすぎるのでスルーしていただきたい。要は、ゲーム内でミュウツーを入手するチャンス!

そして家族全員で出かけて(なんと全員当選した)、なおが捕まえたミュウツーはパーフェクト!

このパーフェクトなミュウツーが捕まる確率はなんと、0.46%しかない。

何度も挑戦できる普通のレイドボスならともかく、招待状が当選しないとキャッチのチャンスすらないミュウツーでこれは素晴らしい幸運だ。

私はすっかり忘れていたのだが、なお曰く、これもサンタさんの手配かもしれないね、と。チートにならないように一体だけだが、パーフェクトなミュウツーを届けてくれたのだろう。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2018年1月16日火曜日

スラングの意味を調べるとき

知らない単語に出会ったとき、さらに言えば、その単語の意味を正確に把握する必要があるときには、まずは辞書で調べる。

何度も紹介しているが、私が愛用しているのは、OALD, Oxford Advanced Learners' Dictionary(過去記事)。

最近、なおの英検1級の問題をみていると山ほど知らない単語が出てくるので、大活躍だ。さすがに英検1級に出てくる程度の単語なら、OALDに必ず載っている。

これに載っていないときは(小説を読むときなど)、American Heritage Dictionary

が、スラングなどは、そのままぐぐってしまった方が早い。そして、必ずといっていいほどヒットするのが、Urban Dictionary

最近、調べないと、と感じたのが”shout out"。CNN10を見ていると出てくる表現で、他でも聞いた。わかるような、わからないような、もどかしい感じなのでしっかり調べることに。

OALDだと"to say sth in a loud voice so that it can be clearly heard"とあるが、この意味ではない。AHDも同様で役に立たず。

が、UDだと"Slang. A public expression of thanks or gratitude"、他には"A message to friends, family, etc. lodged on a radio station, web site, or other popular medium. "と出てくる。そうそう、これこれ!

かなりすっきりした。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2018年1月14日日曜日

国語が苦手ななおに取り組んでもらった問題集

現在、4教科の家庭学習用教材は、ほぼ予習シリーズのみになってきているが、秋頃に苦手な国語を補強すべく、他の問題集も追加で取り組んでもらった。

後述するが、難易度が低めで、一日分が一瞬で終わるので、月末の家庭学習の記録には含めていなかったが、忘れないうちに書いておこう。

まずはこちら。

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック]ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック]


書店でちらっと見て良さそうだ、ということで買ったのだが、かなり難易度は低め。それもそのはず、1~3年生向けだった(笑)

論理的な記述を行うための概念を学ぶ、というコンセプトは非常に共感するので最後までやってもらった。

とにかく簡単なのでほとんど時間をとらなかったのも良かった。ただ、簡単といっても、本当に1年生にやらせるのは無理があるような。

次はこちら。

ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集[小学生版]ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集[小学生版]


こちらは出てくる語彙の難易度が上がっている。対象年齢は4、5年生といったところだろうか。気軽にサクサクとできるのがよい。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村